スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

マルドゥック燃焼 公開直前イベント


運良く当選して行ってきました!

いやあ、公開まで3日を切りましたが楽しみですねー。


「マルドゥック・スクランブル 燃焼」公式ホームページ



トークショーは
監督の工藤進さん、原作者の冲方丁さん、ヒロイン役の林原めぐみさんによって繰り広げられました。

いくたは林原めぐみさんの大ファンなので(ちなみにさくらさんもねー)、
だいぶ興奮して「今ぜったい目合った!!!!ソワソワ!!」でしたね。
なんせ、目撃するのは初めてなもんでね。



原作でだいぶ力の入っているカジノシーンが、絵でどこまで表現できるのかなと。

監督はカジノでの「所作」を重視して、カジノスクールの先生の動きを録画して再現させたとか。ふむ。



冲方さんが力説していた
60分の尺に収めるために「台詞」を入念に再考したっていうのは、なるほどです。

本当にこの言葉は必要なのか、同じニュアンスで言い換えられないか、0.1秒でも縮められないか?
そうやって、少しずつ少しずつ削っていってどうにか収めたそうです。
「あと30分、尺ほしかった」と言ってましたね。
そこまで言うのなら、きっと無駄のない60分でしょう。目が離せない……。



美しいだけじゃない人間のスピリットの部分は、アニメに限らず小説でも創造するのは容易いことじゃない。
でも成功すれば、観客なり読者のスピリットに必ずガッツーンと?ピカーンと?届くものがある。
それが想像を上回れば上回っただけ。

自分の想像を超えたものを期待して、劇場に足を運ぼうと思います。





で、イベントの第二部…
実はこっちも心待ちにしていた「冲方サミットによるガチのポーカーバトル」。

いやいやいやっ予想以上の盛り上がりでした!


冲方作品の担当者が「燃焼」のカジノシーンに便乗し、
それぞれの報酬をかけて戦うと。おもしれえ。


冲方さんには負担の大きな提案から、まさかの表紙グラビアなんて面白いのもありました。
ちなみに冲方さんの報酬は、1ヶ月失踪権(笑)しかもできるだけ大変なときに(笑)


勝ったのは、講談社アフタヌーンさんですねー。
(漫画「天地明察」)
で、絵心のある小説家・冲方さんにセルフパロディ4コマ『春海くん』を描いてもらう権を見事獲得したと。


わたしは早川書房の報酬
「2012年「マルドゥック・スクランブル 排気」上映にあわせて、「マルドゥック・アノニマス」0巻(短篇集)&1巻を発行させてもらえる権」
で塩沢さんぶっちぎりと予想してたが…まさかのオールイン男(笑)

早川はいろいろと大丈夫なのだろうか(笑)



いやー盛り上がった。
ポーカーバトル始まってからの会場の客は、あの場ではまったくもって不必要でしたけどね(笑)

面白ければ何でもアリですなー。



スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

お酒強いですけど

Author:お酒強いですけど
文学フリマやコミティアで活動中。

【イラスト・漫画】さくら→Pixiv
【文】いくた→@7m7s

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。