スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

文化の日は文学フリマへ!

宣伝!宣伝!


第13回文学フリマ




ブース:D-10

サークル:酔いどれラジオの無言癖


新刊:挿絵小説「狂わされた図書館」

表紙


スウェーデンに実在する円形図書館が舞台です。

あらすじ

1961年のスウェーデン。

首都ストックホルムにある、市立図書館内の円形書架。
夏の夜、興味本位で入り込んだ少年アーロンは書架に閉じ込められてしまう。
そこでは言葉を操る本たちが、人間の子どもを戦わせる宴会を催していた……。

スウェーデン社会の中で、図書館の家族をめぐる連作短編集。




値段:400円



狂った感じが好きな方、ぜひ手にとってみてくだせぇ。共に狂いましょう。くるくる。



作品交換OKの方は、ぜひぜひ~!!

呼ばれれば、出張交換もしに行きますよー!






--------------------------



はいはいはいはい!

文フリまで、あと2日です。

早い。
光陰矢のようやで。

企画を練り始めたのが前回の文フリ当日だったので、かれこれ5か月になりますねー。



当日はさくらさん来れないので、表紙描いた人を拝むことは出来ませぬ。すみません。

いくたは居ます。すいません。



8月の某日の会話。

いくた「1回くらいは顔面突き合わせて、文フリ会議やるで。会えよなー?」

さくら「1回も会わないで本作るとか無理だからwwwwww」

いくた「そうすなwww」



で、8月会わず。

9月も会わず!


10月も会わないまま


はい、当日を迎えますー。



むしろ当日も会えないという。

どんな七夕カップル。

いや、奴らだって当日は会っているのだ。



われわれ、残念ながらカップルじゃないが。残念も何もないが。


フリーダムな酔いどれ2人組みです。あ、酔ってないです。





でもほら、しっかり出来たし!

頑張れば、どうにかなるものです。





ということで、

何がということなのかわからないけども、

われわれ酔いどれラジオが構えるブースは

D‐10になります。
表紙と同じポスターをでかでかと貼りますので、目につくかと!




話にでてくる円形図書館は、実在します。

ストックホルム市立図書館という1928年に建てられたモダーン建築な図書館!


360度ぐるりと本棚の壁です。
そして3階まで吹き抜け……!

という、図書館好きにはたまらない構造になっております。
たまらん。よだれが出るぞ。


暗いエントランスホール
 と
照明のたくさんある円形書架


このギャップに魅せられて、ストックホルムの人びとは円形書架に吸い込まれて行くのな。





図書館のメインは円形書架ですが、児童室も素敵です。

天井は、明るいプラネタリウム。
星座書かれてんだぜ。
本見りゃいいのか、天井見りゃいいのかどっちだよ。どっちもか。

ひとつひとつの家具がまた、細かくデザインされておりましてね、憎いね!


しかもね
最奥部は、

読み聞かせのためだけのお部屋があります。

薄暗ーい部屋の中で、一部分だけポッとついた照明。
壁のフレスコ画。

こんな雰囲気満点の部屋で冒険小説を語られたら・・・


そりゃあもう 自分が主人公だよ!




円形図書館は、世界中にあります。

世界中はちょっと言い過ぎか。でも日本にもあります。


他にも、デザイン化された図書館はいくつもあります。

日本がもし地震大国でなければ、
欧米にあるような天まで届くような本棚とか、造ったのだろうか。




図書館がデザイン化されることに、どんな意味があるんでしょうね。

その実用性は。





あれ? まじめになっちゃった。

スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

お酒強いですけど

Author:お酒強いですけど
文学フリマやコミティアで活動中。

【イラスト・漫画】さくら→Pixiv
【文】いくた→@7m7s

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。